2015/12/31 いろぬのかさねブログ

40代何を着たら良いかわからない!から抜け出す方法。自分に似合う必要な服を知ることから


長い髪の女性

何を着ても似合わない!あるとき急に自分のファッションがしっくりこないという違和感を感じるようになります。

30代後半から40代の女性がおしゃれの迷走から抜け出し、最高の自分を見せる洋服を選べるようになるためには「自分にとって必要な似合う服を知る」ことが大切です。

40代何を着たらいいのかわからない!と感じるときは誰にでもある

靴ひもを結ぶ女性

まだ私には関係ないと思っていたのに、鏡に映った自分が思っているよりもおばさんだと意識したとたん、どんな服を着たらいいかわからない!と悩んでしまうのではないでしょうか。

それは決してあなただけが感じることではなく、多くの同世代の女性が感じることです。

特に40代くらいは子育てで髪を振り乱す生活もようやく落ち着き、仕事を始めたりこの先の人生を見つめなおす時期でもありますよね。

私もそうでしたが、迷走しているときに改めて自分の洋服を見直すと、ジーパン・カットソー、パーカー、ダウンジャケットにスニーカーというカジュアルな服しかないのです。

こんなカジュアルな服しか持ってなかった?と愕然とし、追いうちをかけるように洋服がカジュアルなほど、自分のおばさん指数が際立って見えたりして落ちこみました。

コーディネートもマンネリで、合わせやすいといえば聞こえはいいけれど、地味なベーシックカラーのシンプルな服ばかり。

自分のクローゼットが非常に地味でつまらない!と思った瞬間、自分自身までつまらない人間に思えてくる・・・。あなたはそんなふうにため息をついていないでしょうか?

40代は自分に似合うファッションの軸を知ったほうがいい

芝生に寝転ぶ笑顔の少女

私に似合う服がない、どこで洋服を買ったら良いのかわからないという人に限って、ぼんやりと何も考えずに服を選んでいたりします。

また世間の意見に流されて、みんなが憧れる一流の「定番品」さえ身につければ、おしゃれな私であると思いこんでいる人もいます。

40代を過ぎたら洋服を何となく選ぶのをやめましょう。洋服のブランドの光に頼るのではなくあなたの個性を受け入れましょう。

自分の個性をきれいに見せてくれる「自分に似合う服」を軸に選ばないと一生その悩みから抜け出せません。

体の曲線、背の高さ、髪の色や肌の色、これらはあなたという人間を表す大切な特徴なんです。その素敵な自分を自信を持って見せられる似合うアイテムを知ることが迷わないために必要なことです。

自分の体型に似合うアイテム、自分の肌がきれいに見える色を知ること

パーソナルカラー診断で自分に似合う色を知る

自分に似合う色にふだんから気を使うだけで、あなたのおしゃれは確実に変わります!

「似合う色」とは、調和のとれたもの・雰囲気がしっくりくるもの・見ていて心地よく色が自然に整った状態に見えます。

あなたの肌に似合う、ふさわしい色は健康的で生き生きと見せてくれます。逆に似合わない色は一気に顔色が悪くなり疲れて見えるんですよ。

似合う色は洋服だけじゃなく、ジュエリーやメイクの色にまで影響します。

参考似合う色がわかるパーソナルカラー診断(カラーセラピー付き)

骨格診断で自分に似合うアイテムを知る

骨格診断は、骨格タイプによって綺麗に見えるアイテム、スタイルよく見えるアイテムが違うことを知る診断です。

自分の骨格タイプと違うタイプのアイテムを選べば、スタイルが悪く見えますし、垢抜けない野暮ったい印象に見えます。

サイズさえ合っていればいいというだけでは、十分ではありません。

参考垢抜けた印象になる骨格診断

プロに似合うものを客観的に見てもらうと納得し、変化が加速します

お客様が撮ってきてくれたワードローブの写真です。

コーディネート

「いつも地味な服ばかり着ていると、周りに言われる」と話してくれましたが、写真を見て納得しました。

これではいつも地味な服と言われてもしょうがない・・・というくらい同じような色が並んでいますね。でも客観的にみてもらう機会がないとそのことに気がつかないいままかもしれません。

骨格診断をしているとお客様は「自分の腕が太い、太ももが太い」とおっしゃいます。 これについても、たくさんの方を骨格診断してきた私は声を大にして「それは思い込みです!」と言いたい。

自己診断は参考程度にして自分に本当に似合う服を遠ざけないようにどうかプロの客観的な診断を活かしてください。腕の太さや太ももの太さが気にならないように、アイテムを選び配色を考えればいいだけです。  

心地のよい洋服は、最高の自分を見せられます

似合う服を着ているというだけで、自分の内面から自信がでます。

もう何を着ても似合わない!から卒業しましょう。これまでは自分に似合う服、本当に必要な服を選ぶ方法を知らなかっただけです。

何を着てもみんなのようにおしゃれになれない。あの素敵な人のような服のセンスが自分にはない。

周りと比べて落ちこまないでください。大切なのは自分がいちばん綺麗にみえるファッションを知っていることなんです。

おしゃれを年齢であきらめることはありません。自分に似合って心地いい着こなしは、これからの「人生が変わる」パワーがあるのです。

関連記事

Comment





Comment