サイズの合うパンツがない?どこのブランドで買うかより大切なこと

デニムと白いセーターの上にある黒いめがね

下半身が太いのでサイズの合うパンツがない。どこのブランドに売っているか知りたい。

いろんなショップを見て回っても平気だった若いときに比べ、探すのがおっくうになった40代、50代。手っ取り早く売っているブランドを知りたい気持ちはわかります。

現在下見をしているショッピング同行のモニター様のお悩みが、パンツが選べないというものでした。

他のお客様からもパンツに関するさまざまな悩みをお聞きします。

  • 若いときより体型が変わったから、MかLかわからない
  • 脚が短い、お尻が垂れてるからパンツが似合わない
  • どんなパンツを選べばいいかわからない

このような悩みを解決するには、どうやってパンツを選んだらいいのでしょうか。

どのブランドでパンツを買うかより大切なこと

1つのブランドには、素材やシルエットが違う数種類のパンツが置いてあります。流行の色や太さ、長さもあります。

私たちの体型で考えてみても、骨格ストレートタイプだからといってみんな同じお尻の形ではないわけです。身長が違うと全体のバランスも変わります。

ですから、どのブランドでパンツを買うかより、大切なのは試着して確かめることなんです。

MもLもLLも全部持って試着室に入る。1つのサイズを1回履いただけでダメだと決めつけるのは早いです。

ブランドによってサイズが違いますし、下半身の見え方を確かめずに買うのは怖くありませんか?

通販で購入したら予想以上に生地が薄っぺらくて安っぽいとか、ヒップのサイズをきちんと測って買ったのに太ももがパツパツだとか。私は経験があります。

返品がめんどうだからと妥協して履いているパンツより、試着して納得してから購入したパンツのほうがぜったいに頼れるアイテムになります。

体型が気になる人ほど試着で確かめて

体型が気になる人ほど、自分の身体の特徴をよい形で見せるようなファッションをしたほうが自分が気持ちいいです。

体型って自分が思うほど、他人から気にならないことも多いもの。チャームポイントが目立つようにすればいいと私は考えています。

もしも、自分に似合うものを知ったうえで試着するパンツを選べないというなら、アイテムを探すプロセスを私におまかせください。

あとは試着をするだけなのでラクですよ。

パンツに限らずファッションに対する苦手意識や思い込みをなくして、もう一度おしゃれが楽しいと思えるようなきっかけにしてほしいと思います。

\ 本当に 新しい服、必要ですか?  /

いま持っている洋服でおしゃれに!

「服がたくさんあるのに着る服がない」なら、まずはワードローブを減らし

あなたにとって、必要で着たい洋服をクリアにしませんか?

手持ちの服で着回すコーディネートレッスンの詳細はこちら

骨格診断 東京

関連記事

  1. コスモス

    「Madame Chic Paris Snap―大人のシック…

  2. おすすめのブランドリスト

    似合う服を探せる、40代のお買い物に便利なブランドリストの見…

  3. 鳩サブレ

    2016年の振り返り。数字から見る「いろぬのかさね」のお客様…

  4. セール文字で書いた帽子

    夏のセールで失敗しないために、私が買い物で気をつけていること…

  5. 私のパーソナルカラーと骨格タイプ。

  6. Tommyさんとツーショット

    鏡の中の自分と、他人から見えている自分はちがうことを受けいれ…