似合うおしゃれの決め手になるのは、やっぱりパーソナルカラー

自分の好きな洋服を選びたい。

自分のセンスに自信がある。

そういう理由でパーソナルカラーをまったく受け入れない方もいらっしゃいます。

自分に似合う色がわかっていても・・・です。

自分のセンスというのは、あくまで主観的で、個人の感覚が作る印象。

逆にパーソナルカラーというのは客観的で、個人の感覚や先入観とは別の分析的なもの。

kirei-photo1

おしゃれは自分の世界観を表現するもので、自分らしさを追求したい!

そういう方はパーソナルカラーで縛られるなんていやだと思います。

かなり頑なで色に束縛されたくないという強い想いもあるかもしれません。

でも「自分に似合うおしゃれ」を重視する方にとっては

やっぱりパーソナルカラーはファッションの決め手になります。

kirei-photo4-800

私は骨格診断もしていますが、

「色」と「骨格」のどちらかしか選べないなら、迷わず「色」を選びます。

骨格タイプに似合わないデザインを着ても、ちょっと着太りしているという印象で終わりますが(笑)

色は相手に無意識に、性格まで想像させるほどの印象を植え付けてしまうのです。

これは、見せたい印象やなりたい自分にもなれるということ。

パーソナルカラーで自分をもっと魅力的に見せられたら、おしゃれが楽しくなると思いませんか?

\ 本当に 新しい服、必要ですか?  /

いま持っている洋服でおしゃれに!

「服がたくさんあるのに着る服がない」なら、まずはワードローブを減らし

あなたにとって、必要で着たい洋服をクリアにしませんか?

手持ちの服で着回すコーディネートレッスンの詳細はこちら

関連記事

  1. オレンジとパープルのヘアカラー

    似合わない色を着ると老けて見られる?パーソナルカラーで人の印…

  2. パーソナルカラー4シーズン

    東京でパーソナルカラー診断を安く受けたい!気軽に受けられる方…

  3. パールネックレス×似合う色は、きれいめのカジュアルコーデに便…

  4. ユニクロコットンカシミヤVセーターピンク

    美肌ピンクで真冬を楽しもう。パーソナルカラーサマーにおすすめ…

  5. 赤いリップカラー

    いますぐパーソナルカラーに合うリップがほしい方におすすめ。資…

  6. ワードローブ診断

    「似合う色」と「好きな色」が違うとき、どちらを着るのが正しい…