2015/11/21 カラーセラピー

スピリチュアルは怪しい?自分の無意識の感情を素直に受けとめる時間は大切です。


癒し

スピリチュアルと聞いてどんなことを想像しますか?

「霊的なもの」「怪しいもの」、そんな目に見えない不気味なイメージを持たれる方も少なくないと思います。

私にとってスピリチュアルとは、「自分に集中できる時間」です。

スピリチュアルとは何か

英語のスピリチュアル(英: spiritual)はラテン語の spiritusに由来する言葉で[1]、宗教的・精神的な物事、教会に関する事柄、または、神の、聖霊の、霊[2]の、魂の、精神の、超自然的な、神聖な、教会の、などを意味する[3]。元々キリスト教に関する言葉で、複数の意味がある。
スピリチュアルーwikipediaより

日本でスピリチュアルというと江原啓之さんのように見えないオーラが見える、予言をするといったイメージがありますよね。

怪しい、高価な壺を勧められる、宗教に勧誘される・・・。私もカラーセラピーを始める前はそんな偏見を持っていました。

スピリチュアルとは本来キリスト教の精神世界を表す言葉です。外国人が伊勢神宮を参拝した気持ちを「spiritual」と表現するそうですが、日本人がいうなら「厳粛な」「崇高な」「神聖な」という気持ちが一番近いでしょうか。

人間としての魂、精神、そういう意味合いで解釈するとスピリチュアルは誰でも感じられるものだ理解できると思います。

私にとってのスピリチュアルな時間

自分の精神は目で見ることや形として表すことはできません。胸に手をあてて体で感じることです。

しかし、私の日常にそんなゆったりした時間はありません。


「お母さん、今日図工でビーズいるんだけど・・・」

「なんでもっと早く言わないの!怒怒怒」


「今日グラビアアイドルと飲んじゃってさ〜」

「コォラ!自分だけいい思いしてんな!嵐つれてこい!!」


ま、こんな感じで毎日母ちゃんもやってますので(笑)だからこそ、自分自身を見つめる時間を作っています。

私にとってそれは、定期的に受けているオーラソーマと毎日眺めるオルゴナイトです。セラピストはまず自分自身を癒すことも仕事です。

オーラソーマというカラーセラピー

オーラソーマ4本

オーラソーマは「オーラソーマシステム」というイギリスで生まれたカラーセラピーのひとつで、様々なカラーセラピーの元になっていると言われています。

潜在能力や才能、人生の目的、課題や現在の状況、将来の方向性を、110本以上あるボトルから4本を選び見ていきます。

カラーセラピストだってカラーセラピーで癒されます。カラーセラピーの深さを知っているからこそ、カラーセラピーですっきりしたい!と思うんです。

気がつけば選んだボトルの方向へ動いている、自分の潜在意識を感じるこの時間が、私のスピリチュアルタイム。

3ヶ月に1回ほど、第三京浜を100キロでぶっ飛ばし横浜の「ゆるゆルーム」ゆかりさんに会いに行ってます

オーラソーマのボトルは体に塗ることができます。前回持ち帰ったボトルはマジェンダ。

マジェンダ

私はこのマジェンダを現在のボトルとして選びました。「日常の小さな物事に愛をもたらすことを助ける」いまは出会ったすべての人に愛を与えたい、そんな神様レベルな気持ちなんですよ。

そう見えないようにしているけど(笑)気がついてましたか?

気になっていたオルゴナイトも購入

オルゴナイト
オルゴナイトというのは、スピリチュアルなアイテムの一つで「パワースポット発生器」とも呼ばれているそうです。

常にマイナスイオンを発生し、置いているだけでネガティブなエネルギーをポジティブなエネルギーに変換すると言われています。

それは、オルゴナイトの材料の「水晶」と「レジン(エポキシ樹脂)」が反応して「微弱電位」が発生するから。

私の説明ではわかりにくいので詳しいことは、オルゴナイトの材料と基本的な作り方が書いてあるこちらをご覧ください。

ひとつずつ手作りなので好きな形を探していたのですが、ハート型を見つけました。

PCオルゴナイト

この文章にもポジティブなエネルギーが伝わっているはず!

私が購入したのは「Gammy Craft Works」というオンラインショップです。

無意識の自分はすべてを知っている

線路

どんなに「これをやらなければいけない」と頭で考えていても、無意識の感情が「したくない」と拒否していれば「しない」方向に向かっていく。

逆に、どんなに「それをしてはいけない」と頭で考えていても、無意識の自分が「したい」と望んでいれば「する」方向にいくのです。

無意識=潜在意識は、見えないけれど自分を動かす感情・感覚です。自分の感じ方を信頼すれば生き方はもっとラクになるはず。

でも日常は自分より相手を優先してしまい、その感情に蓋をして思考であれこれ考えているほうを重視して過ごしてしまいがちです。

カラーセラピーは、直感で選んだ色が自分の無意識な感情を表します。

過去や現在に我慢してきたこと、不平や不満。認めてほしい気持ち。なりたい自分の未来。色からそんなことに気づかされます。

引き寄せの法則という言葉がありますが、むずかしいことではありません。けっきょく自分の無意識が望んでいることを素直に受け止め、そのまま生きるだけでいいということ。

私がスピリチュアルな時間を持つことは、無意識な気持ちに気づく直感力を磨くことでもあるのです。

最近考えすぎちゃって自分の気持ちに鈍感だなと感じているなら、カラーセラピーで自分の無意識=潜在意識をキャッチしてみませんか?

関連記事

Comment





Comment