2015/11/30 パーソナルカラー

これなら気軽に行ける?東京でパーソナルカラー診断を安く受けられる場所をプロが伝授


似合うチーク

似合う色を見るだけなのにパーソナルカラー診断はどうしてこんなに高いの?そんなふうに感じていませんか。

もっと気軽にパーソナルカラー診断を受けたいという方に、東京でパーソナルカラー診断を安く受けられる場所を現役カラーリストが伝授します。

パーソナルカラーの自己診断はあくまでも目安です

インターネット上や雑誌の特集にあるチャートでパーソナルカラーの自己診断をしたことはありますか?

実際に自己診断してみたけど自分ではよくわからなかったというお客様が多くいらっしゃいます。

例えば自分自身の瞳の色。自分は黒だ!と思っていればきっと黒を選ぶでしょう。でも実際、瞳は黒〜茶色でのバリエーションがあり、中には緑がかった瞳もあります。

自分の偏った思い込みで違う結果になる場合がありますので、チャートを使ってパーソナルカラーを自己診断した場合、その診断結果は似合う色を知るあくまでも目安と考えたほうがいいです。

パーソナルカラー診断を受けられる東京のサロン、その平均価格とは

それならきちんとしたパーソナルカラー診断をサロンで受けたい!というとき、どれくらいの料金がかかるか知りたくなりますよね。

現在「パーソナルカラー診断 東京」で検索して出てくる上位20位のサロンの時間・料金を調べてみました。(2015年11月末現在)

料金:2000円から5000円 平均約4000円(30分あたりの料金に換算)
時間:45分から180分

内容的には美容院に1回行くのと変わらないと思うのですが、どうしても必要という人が少ないというのが気軽に受けられない原因ではないでしょうか。

もっと気軽にパーソナルカラー診断を受ける方法

フォーシーズン見本

似合う色に興味がある。もうちょっと気軽にパーソナルカラー診断を受けられるところが知りたい。そんなあなたにリーズナブルなものから有料まで診断が受けられるところをご紹介します。

無料から数千円程度でパーソナルカラー診断を受ける

1.無料でパーソナルカラー診断のモニターとして受ける

ハンガーにかかった洋服

パーソナルカラーリストを養成しているスクール・サロンでは、カラーリストを目指す生徒さんの診断練習のために無料でモニターを募集することがあります。常識的なスクールなら必ず最後は先生がチェックやフォローをしてくれるはずです。

また、資格をとったばかりのカラーリストさんが経験を積むために無料モニターを募集している場合もあります。

「パーソナルカラー診断 モニター」「パーソナルカラー診断 無料」で検索してみてください。

私も資格をとってすぐにママ友達に声をかけモニターをお願いしました。ブログで一般のモニターも募集しましたがかなり早く埋まった記憶があります。無料モニターは探している人が多い狭き門だと思ったほうがよさそうです。

メリットは、無料でパーソナルカラー診断が受けられること。
デメリットは、いつ募集しているかわからないので探す根気がいること。スクールにあわせた拘束時間など、時間があまり自由ではないことです。

2、化粧品売り場、美容室などでパーソナルカラー診断を受ける

リップカラー

ファンデーションの似合う色選びや、ヘアカラーの似合う色を選ぶサービスとして診断が受けられます。

商品を売るサービスの一環ですから、ファンデーションの購入、ヘアカラー料金を考えなければほぼ無料ですね。

ここでカラーを診断してくれる人はパーソナルカラー診断ができる人というわけではないようです。本業の他に何度かカラーについての研修をしただけという店員が診断する場合もあります。

メリットは化粧品購入のついで、また美容室に来たついでのように、わざわざ別の日に行かなくても良いこと。
デメリットは、特に化粧品コーナーは蛍光灯の下など照明環境があまり良くないこと。

3.資格スクールの説明会を聞きに行ってパーソナルカラー診断を受ける

パーソナルカラーアナリスト養成講座を行っている資格スクールが、生徒募集のための無料説明会でパーソナルカラー診断をしていることがあります。

説明会と同時に無料または数千円程度でパーソナルカラー診断を行っているのです。カラーの資格を扱う大手のスクールやサロンをマメにチェックする必要があります。

スクール側は「今後の受講を検討中の方」と見ていますので、資料がずっと送られてくる可能性は大です。この先、色について学ぶことも視野に入れているなら体験してみるといいと思います。

メリットは無料から数千円程度で診断を受けられること
デメリットは資料送付などの負担

4、デパートでパーソナルカラー診断のサービスを受ける

店頭に並んだ洋服
大手デパートのサービスで簡単なパーソナルカラー診断を受けられます。特に骨格診断のサービスも受けられる「大丸東京店」は人気のようです。

照明環境がきちんとしているところでの診断なのか、どんな人が診断を担当してくれるのかわからない点が不安ですが、診断のあとにそのままお買い物できますね。デパートで洋服を買うことが多い人はおすすめです。

メリットは、洋服購入の予定があるなら診断のあとに買い物ができて便利
デメリットは、気が遠くなるくらい予約が取れないこと。

5、パーソナルカラーのクイック診断や1色お試し診断をを受ける

ベストカラーまで知らなくてもフォーシーズンのどれかがわかればいい場合は、クイック診断またはピンクだけなどの1色お試し診断があります。

こういう時間の短い診断は、少人数のセミナーやイベントで行われることが多いです。ブログでの告知やFacebookで見かけることが多いかもしれません。

受けたいサロンや受けたいカラーリストに直接問い合わせてみるのが一番早いです!当サロンでも、他の方とコラボしてイベントを開催することがありますのでたまにチェックしてみてください。

メリットは、数千円で受けられること
デメリットは、似合うシーズンの中のベストカラーまでは知ることができないこと

有料でパーソナルカラー診断を受ける

6、カルチャースクールのパーソナルカラー診断の講座を受ける

フリーペーパーなどの情報誌やお稽古が検索できるサイトから、カルチャースクールの講座情報を入手できます。

カルチャースクールの場合は1回~数回の講座が多いです。パーソナルカラー診断だけではなく、配色レッスン・メイクレッスンがあったり色の知識がわかる内容のものまであります。

講座の場合、マンツーマンではなく数人で受けるので人と比較できて理解が深まりますね。そのぶん講座でひとりのパーソナルカラー診断だけにじっくり時間をかけてもらえないと考えたほうがいいと思います。

メリットは、一人じゃない安心感と有料の中ではリーズナブルなこと
デメリットは、自分だけじっくりみてもらうことができないこと

7、パーソナルカラーアナリスト、カラーリストのサロンでパーソナルカラー診断を受ける

いまはほとんどのサロンがホームページやブログで発信しています。「パーソナルカラー診断」+「地名」で検索すれば、近くで診断を受けられるところが見つかるでしょう。さらに「価格」まで入力して検索すれば、料金も希望どおりで受けられるかもしれません。

メイクが得意なサロン、トータルでのアドバイスが得意なサロンなど、診断のメニューもカラーリストの個性もさまざまです。色見本やレポートがもらえるか、診断のあとにメイクはしてもらえるか、料金に見合ったサービスかどうかを確認しましょう。

ちなみに当サロンのパーソナルカラー診断はカラーセラピーが30分ついた日本で唯一(たぶん・・・)のメニューです。外見をきれいにしたいというきっかけは、自分の心理状態と関係していることが多く、心もすっきりして帰ってほしいと考えています。

パーソナルカラー診断〜プチカラーセラピー付き〜(東京・自由が丘)
カラーセラピー

個人サロンのメリットは、質問しながらじっくりマンツーマンで診断してもらえること
デメリットは、料金が高いこと

それでも迷っている人へプロから選ぶ方法を伝授

無料から有料まで、東京でパーソナルカラー診断を受けられる場所を並べてきましたが、何を優先するのかで選び方は変わってきます。

予算重視なら、無料でパーソナルカラー診断を受けられるところをマメに探すしかありません。一人で行動するのが苦手、気軽に行けないなら、数人で受けられるところを見つけましょう。

パーソナルカラー診断は明るい自然光で行うのがベストですが、平日の昼間が無理ならデパートや美容室が便利ですね。そして予算や時間が合うなら、カラーを専門に勉強しているパーソナルカラーアナリストから診断を受けることをおすすめします。

無料が悪くて、有料が絶対良い!なんてことは言いません。

無料だったり安かったりする場合は、予算が抑えられる反面「どんな人が診断してくれるのかがわからない」という不安要素があります。

有料の個人サロンは、「どんなところでどんな人が診断をしてくれるのかが見える、比較できる」という情報が公開されている反面、一回の料金が高いということです。

パーソナルカラー診断をする立場のプロとして伝授しておきたいこと。

ドレープを使ってカラー診断

それは診断をする私たちだって緊張してるんだからねっ!ってことです(笑)だから気軽に、ブログと本人のイメージ違うじゃん!というツッコミをしていただいて大丈夫です。

パーソナルカラー(似合う色)は、あなたのファッションとココロに自信を持てるきっかけになります。どんな人にも自分に似合う色が存在します。

いまの自分の目的や予算に合わせて、ぜひパーソナルカラー診断を受けてみてくださいね!

関連記事

Comment





Comment