小さい頃のわたしについて

にっこりした女の子

t02200220_0800080012618676640

私のことを知ってもらうために

「ワタシノート」というカテゴリーを作りました。

書き出すと長い^^;今日は小学校までのワタシのこと書きます。

小森直美

1970年2月25日 北海道生まれ

同じ2月25日生まれの有名人は、印象派画家のルノワールとスキマスイッチの常田真太郎さん。

だから絵と音楽の才能があるはず(笑)

(ちなみにワタシノートは、スキマスイッチのボクノートから決めました)

血液型はO型

生まれ育ったところは、王子製紙とアイスホッケーの街。

雪は少ないけど寒いです!

そこで寝具店を営む両親の次女として生まれました。

両親と、姉・兄・ワタシ・妹の4兄弟。

兄とワタシは同じ干支。12歳離れていて、生まれたとき両親は恥ずかしかったらしい。。

(ワタシも参観日に母親がくるのがものすごく嫌だった。年寄りで^^;)

image

現在、父と兄は他界していて、女ばかり残って私以外はみんな札幌にいます。

「直美」は、素直で美しい子に育つようにつけられたと思っていたが

じつは当時流行っていた「ちあきなおみ」「さがらなおみ」から安易につけたと知り凹む。

自営業の方はみんなそうかもしれませんが、両親はほとんど家にいませんでした。

当時同居していた母方の祖母と、14歳上の姉に育てられたと思ってます。

幼稚園ではいつも泣いていたし、引っ込み思案。

大好きな遊びは「ぬりえ」と「お人形ごっこ」でした。

小学校入学のとき、寝具店を移転すると同時にお引越し。

母方の祖母は老人施設にうつり、姉は会社員、兄は東京の大学へ進学。

image

小学校から帰っても誰もいない。

熱が出ても一人でお留守番。

妹と遊んだ記憶より、一人で押し入れに入って暗い中で毛布にくるまっている記憶が残ってます。

恥ずかしいことに45歳の今でも、布団にくるまり匂いを嗅いで寝てます(笑)

大人になって結婚して子どもを産んだら

絶対に家にいて「おかえりなさい!」っていうお母さんになりたい。

小さい頃のワタシは、自分の両親に寂しいって言えなかったいい子でした。

image

小学校までは意外と背が高い方で、いやはっきり言うとここからあまり伸びなかった。

小学校生活は、初恋の淡い思い出もあり(照)

バレンタインのチョコがどうしても渡せなかったあの彼は、もうおっさんだよねww

また合唱部だったので、歌うことと音楽は大好きでした。

そして、小学校6年でなんと!

姉に子どもが産まれ「おばさん」になっちゃった!

甥っ子は今年33歳、嵐の櫻井くんと一緒だってさ。

image

\ 本当に 新しい服、必要ですか?  /

いま持っている洋服でおしゃれに!

「服がたくさんあるのに着る服がない」なら、まずはワードローブを減らし

あなたにとって、必要で着たい洋服をクリアにしませんか?

手持ちの服で着回すコーディネートレッスンの詳細はこちら

関連記事

  1. コーヒーとノート

    2017年の締めくくりに、私について振り返る。

  2. ブログを始めるあなたに教えたい!ブログを書くって好きな事とつ…

  3. 紫の小さい花

    あー。ブログの書き方を忘れた。

  4. ガラスの地球を持つ女性

    私が子供のころになりたかった職業

  5. 神泉町交差点

    歩いて楽しむアラフィフの休日。

  6. ボタニカルフレーム

    新しい時代、自分を変えるためにオススメなこと