自宅サロンに集客できないと悩んだら見直したいポイントとは

カラーセラピーのボトル

自宅の1室を使い個人サロンをオープンしたものの、思うように集客できない。毎日ブログを書いてるのに反応がない。

せっかく自宅サロンを開業したのに、集客できないという現実にぶち当たると心が折れそうになりますよね。

個人サロンの売上がなくて、会社員に戻るという話は多いです。いやむしろ、今すぐお金が必要なら会社員やパートに戻ったほうがストレスが増えないかも。

それでも自宅サロンを続けたいなら、一度立ち止まって集客や事業について見直しをしてみませんか?

お客様に見つけてもらえる場所で集客していますか?

あなたが「悩みを解消してあげたいお客様」は、ブログを読まないかもしれません。ブログを見つけても、記事を最後まで読んでくれる人ばかりだというのは幻想です。

個人サロンはみんなブログを書いてるからとブログ集客を始めたのなら、少し考えてみてください。自分からお客様のいる場所へ近づいていく集客方法を検討したことはありますか?

  • 郵便局や駅にチラシを置いてもらう
  • 他店舗にショップカードを置かせてもらう
  • ポスティング・新聞折込
  • マルシェや異業種交流に参加してみる
  • 口コミや紹介
  • SNSで交流する

お客様の行動や興味と合っているものがないでしょうか。

ブログ集客はお客様の申し込みを「待つ」方法です。ただ待ってても集客できないなら自分から動くことも考えてみてはいかがでしょう。

まずはお客様の年代や職業、生活スタイルにあった行動範囲を想定してみるといいですよ。

SNS・YouTube・LINE、新しいものにすぐ飛びついていませんか?

インスタグラムにYouTube。誰かが始めたら同じように始める。これからはメルマガよりLINEじゃない?無料のアメブロよりWordPressにしたほうがいいらしい。

「〇〇を使ったら集客できるのでは?」とつぎつぎに新しいものに飛びつくのはちょっと待ってください。目新しい何かを使うより、いまあるものを使いこなしているでしょうか。

重要なのは「何を使うか」という道具じゃなく「何を伝えるか」です。

言いたいことを伝えるだけで、自己満足してしまっていませんか?お客様からのリアクションがないなら、何をしてほしいのかがきちんと伝わっているかどうかを見直してみましょう。

  • 個人サロンなのに顔を出していない
  • メニューや料金が見つけにくい
  • いつ空いてるのかわからない
  • 申込や問い合わせをどこからしたらいいのか不明
  • 文章が長くて何が言いたいのかよくわからない
  • ただの日記や報告で「ふーん」という感想しかない

残念ながら、一番大事な「申し込みにつながるところ」が伝わっていないブログ、意外と多いんですよ。

お客様目線で見直してみる。または一般の知り合いにお客様になったつもりで見てもらうのもいいですね。これじゃ申し込まれるわけがないわ!という事実に愕然とするかもしれませんよ。

参考 自宅サロンを開業するメリット・デメリットをお伝えします。

個人サロンもビジネスの見直しの繰り返しが必要です。

ノートパソコンとコーヒー

主婦起業、個人サロン、なぜか自分だけはうまくいくはずと楽観的で簡単に初めてしまいがちです。

偉そうに言ってますが、私も自宅サロンスタート当初は楽観的なひとりでした。だから声を大にして伝えたい。

おこづかい程度でいいと思ってたら、その金額も入ってこないよってことを。

自宅サロンは小さくても立派なビジネスです。たとえいま成功していても永遠に右肩上がりなわけはありません。このままじゃ危ないよと誰かが知らせてもくれないので自分で考えていきましょう。

大企業でさえ、コスト削減など事業計画の見直しを考えるように、集客できなければ原因を考えて変化させる。この繰り返しです。

  1. 喜ばせい人は誰か
  2. 自分のサービスの価値は何か
  3. どんな方法で提供するのか

基本的なことをじっくり考えることから、あなたの事業の価値を見つめ直してはいかがでしょうか。

私自身も情熱を持ち続け、修正を繰り返しながら取り組んでいきたいです。

\ 本当に 新しい服、必要ですか?  /

いま持っている洋服でおしゃれに!

「服がたくさんあるのに着る服がない」なら、まずはワードローブを減らし

あなたにとって、必要で着たい洋服をクリアにしませんか?

手持ちの服で着回すコーディネートレッスンの詳細はこちら

関連記事

  1. パーソナルカラー診断を仕事にして成功したい!失敗しない前に知…

  2. 頬杖をつく女性

    40代専業主婦だった私がカラーリストの仕事を選んだきっかけ。…

  3. オンライン相談

    好きなことを仕事にしなかった私が、大事にしていること

  4. 自宅サロンのリビング

    自宅サロンを開業するメリット・デメリットをお伝えします。