サイズの合うパンツがない?どこのブランドで買うかより大切なこと

デニムと白いセーターの上にある黒いめがね

下半身が太いのでサイズの合うパンツがない。どこのブランドに売っているか知りたい。

いろんなショップを見て回っても平気だった若いときに比べ、探すのがおっくうになった40代、50代。手っ取り早く売っているブランドを知りたい気持ちはわかります。

現在下見をしているショッピング同行のモニター様のお悩みが、パンツが選べないというものでした。

他のお客様からもパンツに関するさまざまな悩みをお聞きします。

  • 若いときより体型が変わったから、MかLかわからない
  • 脚が短い、お尻が垂れてるからパンツが似合わない
  • どんなパンツを選べばいいかわからない

このような悩みを解決するには、どうやってパンツを選んだらいいのでしょうか。

どのブランドでパンツを買うかより大切なこと

1つのブランドには、素材やシルエットが違う数種類のパンツが置いてあります。流行の色や太さ、長さもあります。

私たちの体型で考えてみても、骨格ストレートタイプだからといってみんな同じお尻の形ではないわけです。身長が違うと全体のバランスも変わります。

ですから、どのブランドでパンツを買うかより、大切なのは試着して確かめることなんです。

MもLもLLも全部持って試着室に入る。1つのサイズを1回履いただけでダメだと決めつけるのは早いです。

ブランドによってサイズが違いますし、下半身の見え方を確かめずに買うのは怖くありませんか?

通販で購入したら予想以上に生地が薄っぺらくて安っぽいとか、ヒップのサイズをきちんと測って買ったのに太ももがパツパツだとか。私は経験があります。

返品がめんどうだからと妥協して履いているパンツより、試着して納得してから購入したパンツのほうがぜったいに頼れるアイテムになります。

体型が気になる人ほど試着で確かめて

体型が気になる人ほど、自分の身体の特徴をよい形で見せるようなファッションをしたほうが自分が気持ちいいです。

体型って自分が思うほど、他人から気にならないことも多いもの。チャームポイントが目立つようにすればいいと私は考えています。

もしも、自分に似合うものを知ったうえで試着するパンツを選べないというなら、アイテムを探すプロセスを私におまかせください。

あとは試着をするだけなのでラクですよ。

パンツに限らずファッションに対する苦手意識や思い込みをなくして、もう一度おしゃれが楽しいと思えるようなきっかけにしてほしいと思います。

\ あなたへのおすすめ /

もう一度、働きたい。夢を叶えませんか?

「子育てもひと段落したし、そろそろ働き始めたい」「社会との接点を持ちたい」あなたを応援。

主婦からの起業準備チェックリストを無料で差し上げています。

いますぐダウンロードする

関連記事

  1. 鳩サブレ

    2016年の振り返り。数字から見る「いろぬのかさね」のお客様…

  2. 髪の色

    行きつけの美容院はどうやって決める?私が担当の美容師さんがい…

  3. Tommyさんとツーショット

    鏡の中の自分と、他人から見えている自分はちがうことを受けいれ…

  4. 「着かた、生きかた」本

    「着かた、生きかた」地曳いく子さんの本で私が共感したこと

  5. 買い物袋を持つ女性

    ショッピング同行の流れを簡単にご紹介します

  6. オレンジのソファに座る女性

    50代の服選びで探すときに気をつけたいポイント

予約カレンダー

2021年1月
         
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
           
2020年12月